読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「道徳」

小学校の時、「道徳」って授業があったはず。

あれの意味ってなんだろう。

 

 

例えば、「困っている人を助ける」

だとか、

「ありがとう」の大切さだとか、

豊かな人間になるために大切なことを学ぶ時間だったのかな。

 

 

 

それとも、

 

 

都合の良い弱者を大量生産して、

小賢しかったり

無駄に威圧的だったりする人が

強者ぶってワガママを通せるようにするためなのかな。

 

 

「道徳」は、先生が喜ぶ答えを出すと、良い点を貰えた。

 

社会に出て、「道徳」を発揮しても、

良い点はもらえない。

 

 

都合良く利用されたり、

自分が我慢する羽目になったり、

誰かのストレスのサンドバッグになってしまったりする。

 

 

 

「いい人」は弱者なのだろうか。

 

 

時々、どうしようもない理不尽を感じる。

そんな事を考えてしまう私は所詮偽善者なのだろうか。

 

 

ぐるぐる、頭の中で堂々巡り。

 

強くて優しい人間でありたい。